重度後遺障害の損害賠償額交通事故被害の諸問題を解決します。

重度後遺障害の損害賠償額重度後遺障害の損害賠償額

三つの基準による損害賠償額の比較

交通事故の賠償金額が損害賠償額の三つの基準で大きく異なることは、既に述べてきたとおりです。
以下の交通事故の場合で、三つの基準によってどの程度の金額の差が生じるか試算してみます。

Bさん(女性・50歳、主婦、家族は夫)
  • 歩行中に自動車事故で重症
  • Bさん側に過失なし
  • 3カ月の入院と9カ月の通院後症状固定
  • 治療費・交通費は実費を病院及びタクシー会社へ直接支払済
  • 後遺障害として両下肢の機能を完全喪失で歩行不能
  • 事故日から保険金支払日まで3年
項目 自動車損害賠償責任保険基準 任意保険基準 裁判基準(赤い本基準)
後遺障害慰謝料 1,100万円 1,800万円 2,800万円
治療費 実費 実費 実費
交通費 実費 実費 実費
休業補償 208万円 208万円 348万円
入院雑費 10万円 10万円 15万円
入通院慰謝料 153万円 180万円 226万円
逸失利益 2,254万円 2,254万円 3,781万円
遅延損害金 なし なし 1,183万円
弁護士費用 なし なし 717万円
合計額 3,725万円 4,452万円 9,070万円
保険金上限額 3,000万円 なし なし
保険金額 3,000万円 4,452万円 9,070万円

*上記金額は参考例で、付随事情に応じ金額は変化します。

自賠責基準・任意保険基準では、専業主婦の休業損害・逸失利益は日額5,700円で計算される場合が大半です。
裁判基準では、専業主婦の休業損害・逸失利益は女子労働者の平均賃金(2011年現在348万円)で計算されます。
裁判基準による計算では、休業保障、逸失利益が大きく増額しています。
傷害・後遺障害慰謝料についても裁判基準では、大幅に増加しています。
遅延損害金の加算も、相当の金額となることが分かります。