保険会社と対等な立場で交通事故被害の諸問題を解決します。

保険会社と対等な立場で保険会社と対等な立場で

弁護士に依頼すると保険会社と対等な立場で交渉ができます。

被害者と保険会社では、知識量においても組織力においても圧倒的な力量差があります。
弁護士を代理人に選任することにより、被害者が保険会社と対等の立場で交渉を行うことができます。

直接交渉の場合
直接交渉の場合代理人を選任しない場合、被害者と保険会社が直接交渉することになります。資料収集能力・調査能力ともに損害賠償問題のプロフェッショナルである保険会社が圧倒的に優位です。結局、保険会社側に有利な条件で和解が成立してしまうことになります。
弁護士を代理人に選任した場合
弁護士を代理人に選任した場合法律の専門家である弁護士が交通事故判例・損害賠償基準を詳細に検討した上で交渉します。弁護士を代理人に選任することによって、初めて保険会社と対等な立場で交渉することができるようになり、適切かつ十分な賠償額を得ることができます。