脳脊髄液減少症交通事故被害の諸問題を解決します。

脳脊髄液減少症脳脊髄液減少症

脳脊髄液減少症(頚椎捻挫)の後遺障害等級認定

交通事故による頚椎捻挫(むち打ち)では、脳脊髄液減少は起こりにくいとして、従来後遺症の認定は、容易ではありませんでした。

しかし、近時、交通事故による頚椎捻挫でも髄液が漏出することがあることが認められるようになり、健康保険の適用も拡張されるようになりました。
髄液圧が正常である場合も、MRI所見、受傷時の状況や症状の一貫性等から後遺症認定を受けることができる場合もあります。

適切な後遺障害等級認定を受けるためには、カルテの精査と資料収集が重要になります。
なお、脳脊髄液減少症の場合、定期的に病院へ通院し、検査を受けておくことが特に重要です。
接骨院通院は、治療と認められない場合がありますので、注意を要します。

脳脊髄液減少症(頚椎捻挫)で、後遺障害等級を認定されなかった方、治療費の打ち切りを告げられた方、ぜひ一度ご相談ください。