被害者参加制度交通事故被害の諸問題を解決します。

被害者参加制度被害者参加制度

 平成17年犯罪被害者等基本法が施行され、被害者の権利擁護は、大きく前進しました。
犯罪被害者基本法は、被害者参加制度をはじめ、多くの被害者の権利を定めています。同法の制定とともに刑事訴訟法も大幅な改正が行なわれ、被害者支援の諸制度が整備されました。
 過失運転致死傷(交通事故)事件も被害者参加制度の対象となります。弁護士は、被害者参加を行い、刑事訴訟記録を閲覧・謄写し、法廷で被告人に質問をして量刑意見を述べることにより、被害者の意見が量刑に適切に反映されるように務めます。
 当職は、現在、富山県弁護士会犯罪被害者支援委員会委員長を務めており、被害者支援には、特に力を入れて取り組んでいます。

被害者支援手続の概要 < 刑事の場合 >

手続の段階 弁護士の役割
1 交通事故発生 被害申告・告訴
2 捜査 不起訴の場合の検察審査会への審査申立
3 加害者の起訴 刑事記録謄写
4 被害者参加 証人尋問・意見陳述・量刑意見
5 公判・判決 被害者通知制度

被害者支援手続の概要 < 民事の場合 >

手続の段階 弁護士の役割
1 交通事故発生 資料収集
2 加害者に対する賠償請求 示談交渉・訴訟提起
3 判決 適切な賠償金額の獲得
4 執行手続 賠償金受領・差押